CPAPの使用で鼻の周りが赤くなってしまう方へ

睡眠時無呼吸症候群の対策として使われることの多いCPAP

私も、使い始めて数年になります。

 

効果は良好なのですが、困っていることが一つ。

 

朝になってCPAPを外すと、鼻の周り・・というか、CPAPのマスクで覆っている半径数センチくらいのエリアが、赤くなってしまうのです。

まるで、かぶれたかのように。

 

別に痒いとかそういう症状はなくて、ただ赤くなっているだけですが、これがほぼ一日中続くのだから、気になってしまいます。

 

でも、これは仕方がないものと思って諦めていました。

 

 

が、なんとちょっと調べてみたら、マスクをきつく締めていると赤くなってしまうというブログの記事を見つけました。

ものは試しと、さっそく普段よりもゆるく、でも空気がもれないように・・という微妙な締め具合でCPAPをつけて寝てみたら、翌朝は見事に赤くなるようなことはありませんでした。

 

なんとなく、空気を漏らさないようにとキツめに締めていたのですが、少々緩くしても漏れることはなさそうです。

 

CPAPを使うと、顔の中心部分が赤くなってしまって困っている方、ぜひお試しください。