読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病やてんかんで通院、投薬が続いているなら、東京都の自立支援制度を利用すべき

うつ病と診断されて通院が続いていると、保険で自己負担が3割になっているとはいえ、診察代だけではなく薬代もあるわけですからバカになりません。

 

東京都には、精神通院医療を対象とした自立支援医療費制度があります。てんかんも対象となるようです。

 

他の道府県でも同様の制度があるかもしれません。

 

これは、特定の病院及び薬局において、自己負担が原則1割となる制度です。

 

収入に応じて負担上限月額が決まっていて、それを超える場合には負担がなくなります。

 

 

統合失調症などで自立支援制度があることは知っていましたが、うつ病などの精神疾患で通院、投薬を受けている場合に適用される自立支援制度があると知ったので、お知らせがてら投稿します。

 

ちなみに、東京都の場合は対象となる病院が決まっているようです。

 

ご自分が通院している病院が対象となっているかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは自立支援医療(精神通院医療)について 東京都福祉保健局をご参照ください(市区町村の福祉課窓口などでも詳しく教えてくれると思います)。