3つ折りマットレスは使い勝手が良い

 ワンルームにベッドを置くと、一気に狭くなってしまいます。

 

布団の上げ下げは別に苦ではないけれど、ワンルームの収納スペースは限られていて掛け布団や敷布団を入れるほどのスペースは残っていません。

 

さて、どうすんべ・・・と考えた結果、まずは三つ折りの折りたたみ式マットレスを買ってみました。

六つ折りとか五つ折りのマットレスというのもあるようなのだけれど、それだとこの記事の後半で書く「昼間の用途」に使えないのです。

 

ということで、amazonでいろいろ調べて、結局注文したのはこれ。

 

 「高反発マットレス 三つ折り 男の高反発 竹炭消臭」という、なんだか頼りになりそうな名前です。

 

ということで、開封の儀(マットレスでやるか?)。

f:id:wigwamania:20170327153439j:plain

圧縮されているとはいえ、結構大きいです。

 

箱から出してみると、こんな感じ。

f:id:wigwamania:20170327153550j:plain

 

さらに外袋から出してみると・・・。

f:id:wigwamania:20170327153648j:plain

 

見事に圧縮されていますね。これは、再度圧縮してここまでコンパクトにするのは難しそう。

 

まぁそれはいつか必要になったときに考えるとして、袋から出してみるとあっという間に通常サイズに。

f:id:wigwamania:20170327153832j:plain

 

マットレスの厚みは10cm。

そして、広げるとシングルサイズのマットレスになります。

f:id:wigwamania:20170327153951j:plain

 

表面の黒いカバーは取り外すことができて、洗濯もOKです。

が、普段はここにさらにベッドカバーをする予定です。

 

あ、あと、フローリングに直接置くときは、汗や湿気が底面から逃げにくくなるので、頻繁に風通ししたほうが良さそうです。

 

 

で、ここからが本題。

昼間はこのマットレスを折りたたんでしまいます(なんといっても折りたたみ式ですからね)。

f:id:wigwamania:20170327154428j:plain

これで、厚みが30cmのソファ(?)ができました(笑)。

 

高反発のマットレスということで、ここに座っても沈み込んでしまうということがありません。さすが「男の高反発」というところでしょうか。

 

さらに、背もたれとして、一つか二つクッションを置けば、十分使えます。

 

ま、ミニマリストさんたちは、そうやって使っているそうですけれど・・・。

 

なお、ベッドカバーを付けたままだとなんだかカッコ悪いので、シーツのようなものをかけたほうがいいかもしれませんね。

 

スペースの関係でベッドを使おうかどうか迷っている方には、普段はコンパクトに折りたためて、しかも堂々と部屋に置いておいても気にならない(と思う)折りたたみマットレスがオススメです。