EvernoteをMacのメモに移行した

昨年末に、EvernoteからSimplenoteに移行したという記事を書いたのですが、気がついたらMacのメモアプリに移行していました。

EvernoteからSimplenoteへ移行した(1) - ぃぐわ!まにあっくす

 

なぜかというと、数千本のノートの移行がスムースにできなかったこともありますが、なんか画面が嫌だったのです。

具体的には、 Simplenoteではノートにタグを付けることはできるのですが、ノートは常にすべてが一覧表示されてしまい、その部分のプレッシャーがすごく大きかったのです。

 

それなら、いっそのこと(タグは使えないけれど)メモアプリにしてしまえ・・ということで、あっさり乗り換えました。

 

結論から書くと、2点を除いて特に支障なく便利に使えています。

MaciPhone, iPad間の同期も速いし。

 

ただ、やっぱりタグが使えるほうがいいなと思うことが時々あります。

 

そして一番気になるのが、ノートの履歴が残っていないということなのです。

 

Evernoteは履歴が残っているので、仮に間違ってノートを編集しても戻すことができます。

これがメモアプリにはない。

 

せっかくiCloudに保存しているのだから、2世代分くらいはバックアップしておいてくれると嬉しいのだけれど。