EvernoteからSimplenoteへ移行した(1)

毎年、年末になるとやってくるのがEvernoteの更新。

これまではなんの疑問もなくプレミアムを更新していたのだけれど、今年の半ばにあった大幅な値上がり、そして年末近くになってセキュリティポリシー周りのゴタゴタが表面化。

 

ん〜、Evernoteには結構な情報を溜め込んでいただけに、あまり移行はしたくないのだが、ユーザもだいぶ離れてきているという話だし・・・ということで移行先を考えてみた。

 

まずはMacのメモ.app。

さすがの純正で、iPhoneとの同期も問題ないように見受けられたが、なにぶんタグが使えずフォルダでメモを分類していくしかない。

 

Evernoteからノートブックごとにエクスポートして、メモ.appに取り込んでみたのはいいものの、やはりタグが使えないのは厳しい。

 

それに加えて、ほぼ毎日必要となるメモを「お気に入り」みたいに常に表示させておくということもできない。毎回検索するわけにもいかず、メモ.appはちょっと断念。

 

 

で、次に試したのが Simplenote というアプリ。Mac版もiPhone版もあるし、動作が軽いということで評価は良さそう。

実際に入れてみたところ、確かに動作は軽いし使いやすい。

 

なんといっても、メモの1行目をタイトルとして使うという、ちょっとしたテクニックなんだろうけれど、これだけでずいぶんとメモの残し方が楽になる。なんたって、1行目を書いて改行すれば、それがメモのタイトルになるのだから。

 

タグも使えていい感じなのだが、いかんせんテキストのみのメモを対象としたアプリなので、Evernoteで保存していたPDFや画像のメモは管理できない。ScansnapやSkitchが自動的にEvernoteに送り込んでくれていたPDFや画像も結構あったので、これは結構厳しい。

 

でも、テキストレベルのメモという意味では、余計な装飾がないSimplenoteがすっかり気に入ってしまった。

 

Evernoteからのデータ移行はできないが、必要になったメモから順にSimplenoteにうつしていくことにした。