Apple Walletにパスを登録してみた

古いiPhoneAppleのリサイクルに出したら、9,300円分のギフトカードになった。

 

ということで以下のようなメールが来たのだが・・・

 

f:id:wigwamania:20160416202413j:plain

 

中央に「Apple Walletに追加」というボタンがあるのを発見した。

 

最初からインストールされているものの、全然使いみちのないアプリNo.1のApple Walletが、ついに活躍するのか!

 

まぁそうしょっちゅう使うものではないけれど、とりあえずギフトカードを登録してみたので、ここに残しておく。

 

まず、中央のボタンをタッチすると、次のような画面が現れる。

 

f:id:wigwamania:20160416202836j:plain

 

う〜ん、まぁどちらでもいいような気がするが、いざApple Storeの近くを通ったらすぐわかるように「はい」にしておく。そういえば、今度の火曜日には銀座に行くかもしれないんだったっけ(仕事だけど)。

 

そうすると、一瞬「パスを作成しています」という画面が出たあと、次のような画面になる。

 

f:id:wigwamania:20160416203108j:plain

ここで、右上の「追加」をタッチすると、ギフトカードが追加される。

f:id:wigwamania:20160416203449j:plain

 

どうやらこれでおしまいらしい。

 

Apple Wallet を起動しなおしてみると、最初にこのパスが表示されるので、アプリ別に整理したりすることはできないみたい。 

もう一つ、100円のギフトカードも届いていたので(iPhone4は100円にしかならなかった)、同じように登録してみたら、やはりApple Walletのトップ画面に2枚のパスが表示されるようになった。

 

ということは、やはりパスが増えると、トップに表示されるパスも増えるのか・・なんか綺麗じゃないな。

 

リサイクルには、あと3台出しているので、それらのギフトカードが届いたら新しいApple TVでも買おうかな。