Nuro光はダメだった(大家さん的に)

勢いよく申し込んだのはいいものの、Nuro光を通すには部屋の壁に穴を開けないといけないらしい。

 

それを聞いた大家さんが「壁に穴を開けるのはちょっと・・・」ということで、あえなく超高速ネットの夢は崩れ去ってしまいました。さよなら、Nuro光。いつか都内に家を建てたら、その時は必ずNuro光にするよ。

 

でも、エアコンの穴は開けていいのに、なんで光回線の穴を開けるのはダメなんだろうか。

 

まぁ、賃借人の身であるから、大家さんの言うことには従わなくてはなるまい。

2Gbps、体験してみたかったな・・・。 

ちなみに、↑のリンク先で郵便番号から建物名まで検索できたりして、思わず「おぉ、Nuro光が使えるのか!」と小躍りしてしまいますが、これはNuro光が使える建物ですよ・・ということではなく、Nuro光を提供しているSo-netが「その番地にその集合住宅があることを把握しています・・ということだそうです。

実際には、共有部分に装置を取り付けなくてはいけないし、今日わかったように部屋の壁に穴を開けたりしなくてはいけないので、賃貸マンションの場合には泣く泣く諦めなくてはならないということも多そうです。

 

それはともかく、一刻も早く光回線を通したい。ネットが繋がっていなくては、部屋を借りた意味がないのだから。

 

それを考えると、auひかりに申し込むのは、また日数をムダにしてしまう可能性がある。

なぜなら、借りたマンションに光ケーブルが入っているということは知っているが、普通に考えたらNTTの光ケーブルなのだろう。KDDIの光ケーブルは通っていない可能性が高いし、それを通すとなるとまた共有部分に装置を取り付けられるかどうかなどと面倒なことがありそうだからだ。

 

それに、ネットで調べてキャッシュバックがあるとうたっていたKDDIの代理店の応対が悪かったということもある。夜だったとはいえ、電話したら「私は代理で電話をとっているのでわかりかねます」ばかり。24時間親切に応対・・とかいうのは嘘っぱちかい!

 

思わず、代理店の代理なんてしゃれにならねぇよ・・・と思ったが、口にするのは我慢した。

 

ということで、もうフレッツ光でいいや・・・という気になってしまったので、とりあえず自宅でも使っているAsahiネットから申し込んでみました。

 

どれくらいで開通するのかお楽しみ。