MAMPのMySQLアップグレードでエラーになるのを解消する

昨年末頃から、MAMPを起動するとMySQLをアップデートしろとアラートが出るようになりました。

 

慌ただしい年末にそんなことはしていられないので無視していたのですが、ようやく落ち着いてきたのでアップグレードしようと思ったら、一筋縄ではいかなかったのでメモとして残しておきます。

 

結論を急ぐ方のために、先に書いておくと、次のファイルに書かれているrootのパスワードを、正しいパスワードに変更してください!です。

 

・checkMysql.sh
・quickCheckMysqlUpgrade.sh
・repairMysql.sh

 

これがどこにあるのか・・・は、別に秘密にするわけではないですが、もしわからないようでしたら今後のためにもなるかと思いますので、念のためこの先を読み進んでいただいたほうがいいと思います。

 

さて、具体的には、以下のようなエラーが出ます。

f:id:wigwamania:20180109210137p:plain

メッセージの内容としては

Warning: Using a password on the command line interface can be insecure.
Looking for 'mysql' as: /Applications/MAMP/Library/bin/mysql
Looking for 'mysqlcheck' as: /Applications/MAMP/Library/bin/mysqlcheck
Error: Failed while fetching Server version! Could be due to unauthorized access.
FATAL ERROR: Upgrade failed 

コマンドラインでパスワードを使うのはセキュアじゃないよ・・・というような内容。

 

っていうか、MAMPが勝手にアップロードしようとして、勝手にアラート出しているんじゃん・・・と思いましたが、解決しなくてはいけません。

 

なんだかよくわかりませんが、まずはそれっぽいところを探ってみます。

想像するに、MAMP起動時にMySQLをアップグレードしようとしたのだけれど、そのアップグレードするコマンドラインにパスワードが書かれてしまっているか、もしくはパスワードが間違っているか・・・。

 

でも、そんな設定をした覚えは(当然のことながら)ない。

 

などと思いつつ、/Applications/MAMP/binへ行ってみると、checkMysql.shという怪しげなファイルがある。

 

中を覗いてみると・・・

 

ん〜、rootのパスワードが直書きされているのですね。

私はrootのパスワードを変更して使っていたので、これが原因のような気がしました。

 

で、これを書き換えたついでに、同じディレクトリにあるシェルスクリプトを調べてみたら、冒頭に書いた3つのファイルにもrootのパスワードが書かれていました。

 

ということで、これらも全部修正。

 

修正が済んだら、MAMPをいったん終了してから起動すると、もうメッセージは出ないはず。

 

っていうか、なんのメッセージもなく起動してしまったけれど、いつアップグレードしたんだ??

 

なんだかちょっと納得できませんが、とりあえずアラートは出なくなったので、ひとまずこれでOKとしておきます。

FaceIDの登録がなかなかできない時

iPhoneXが届いた直後、すぐにFaceIDを登録しましたが、このときはあまりにも簡単に登録できて拍子抜けしたほどでした。

 

が、しばらくしてFaceIDの認識が悪くなってきました。

 

仕方がないので、一度FaceIDをリセットして、再度登録しようと思ったのですが、なぜかなかなか登録できない。

 

具体的には「iPhoneを少し上に動かしてください」「iPhoneを少し下に動かしてください」というメッセージばかりが出る。

 

蛍光灯の下だからダメなのかなとか、いろいろやってみたのですがいずれもダメ。

 

 

ちなみに、画面の保護シートは外した状態でもまったくダメでした。

 

 

力尽きて、一度電源オフにしてみたら、あっさり認識。

 

 

へ?

 

そんなん??

 

ということで、どうしてもFaceIDの登録ができないという場合には、一度電源をオフにしてみるといいかもしれません。

CPAPの使用で鼻の周りが赤くなってしまう方へ

睡眠時無呼吸症候群の対策として使われることの多いCPAP

私も、使い始めて数年になります。

 

効果は良好なのですが、困っていることが一つ。

 

朝になってCPAPを外すと、鼻の周り・・というか、CPAPのマスクで覆っている半径数センチくらいのエリアが、赤くなってしまうのです。

まるで、かぶれたかのように。

 

別に痒いとかそういう症状はなくて、ただ赤くなっているだけですが、これがほぼ一日中続くのだから、気になってしまいます。

 

でも、これは仕方がないものと思って諦めていました。

 

 

が、なんとちょっと調べてみたら、マスクをきつく締めていると赤くなってしまうというブログの記事を見つけました。

ものは試しと、さっそく普段よりもゆるく、でも空気がもれないように・・という微妙な締め具合でCPAPをつけて寝てみたら、翌朝は見事に赤くなるようなことはありませんでした。

 

なんとなく、空気を漏らさないようにとキツめに締めていたのですが、少々緩くしても漏れることはなさそうです。

 

CPAPを使うと、顔の中心部分が赤くなってしまって困っている方、ぜひお試しください。

 

 

Yii2で更新前のデータを利用する

例えば、find系を使ってデータを取得したあと、そのデータを更新する前にその中身をどこかに退避しておきたいことってありますよね。

 

そんなとき、getOldAttributes()を使えば簡単です。

 

$model = $this->findModel($id);

$old_data = $model->getOldAttributes();

 

これで$old_dataには更新前のデータが配列で残りますので、$model->save()を行っても大丈夫です。

 

Yii2のデフォルトメッセージを変更する

Yii2でアプリケーションを作成した時、例えばフォームのvalidationによってエラーメッセージが「〜〜〜〜は空白ではいけません」などと表示されます。

 

このメッセージはさすがにいかがなものかと思うので、簡単に変更する手順をメモしておきます。

 

 

まず、このメッセージ自体は

/vendor/yiisoft/yii2/messages/ja/yii.php

にあります。

 

これを、例えばfrontendのアプリケーションで置き換えるならば、

/frontend/messages/ja/yii.php

にコピーしてやります。

 

その後、

/frontend/config/main.php

の以下の箇所を変更します。

 

'i18n' => [
  'translations' => [
    'yii' => [
       'basePath' => '@app/messages',
       'sourceLanguage' => 'ja',

         'fileMap' => [
         'yii' => 'yii.php',
         'yii/error' => 'error.php',
       ],
     ], 

  ], 

], 

 

これで、新しいメッセージが表示されるはずです。

 

簡単に説明しておくと、3行目の'yii'は、メッセージのカテゴリです。フォームのエラーメッセージは

Yii::t('yii', 'XXXXXX')

 で表示されているので、そのカテゴリに関して使用するメッセージファイルを指定しています。

 

Yii2のコアに手を入れているわけではないので、Yii2のバージョンアップの際にも問題ないと思います(新しいYiiのメッセージが追加された場合は別ですが)。

 

 

うつ病やてんかんで通院、投薬が続いているなら、東京都の自立支援制度を利用すべき

うつ病と診断されて通院が続いていると、保険で自己負担が3割になっているとはいえ、診察代だけではなく薬代もあるわけですからバカになりません。

 

東京都には、精神通院医療を対象とした自立支援医療費制度があります。てんかんも対象となるようです。

 

他の道府県でも同様の制度があるかもしれません。

 

これは、特定の病院及び薬局において、自己負担が原則1割となる制度です。

 

収入に応じて負担上限月額が決まっていて、それを超える場合には負担がなくなります。

 

 

統合失調症などで自立支援制度があることは知っていましたが、うつ病などの精神疾患で通院、投薬を受けている場合に適用される自立支援制度があると知ったので、お知らせがてら投稿します。

 

ちなみに、東京都の場合は対象となる病院が決まっているようです。

 

ご自分が通院している病院が対象となっているかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは自立支援医療(精神通院医療)について 東京都福祉保健局をご参照ください(市区町村の福祉課窓口などでも詳しく教えてくれると思います)。

Prime Musicのハードロックラジオ

最近、ジョギング中にAmazonのプライム・ミュージックを聞いています。

 

聞くのはもちろんプライムラジオにあるハードロックラジオ。

 

iPhoneにはたくさん曲が入っているのだけれど、どうしても同じ曲というか好きな曲ばかりに偏ってしまいます(好きな曲が入っているのだから当たり前)。

 

で、iTunesのラジオを聞いてもいいのだけれど、こちらは仕事中にずっと流しているので、何か他にないかなぁと思っていたところ、アマゾンのプライム会員はPrime Musicを無料で聴けると知って、ジョギング中にはこれを聞くようになったのです。

 

以前、iTunesのHard Rock Heavenを絶賛オススメしましたが、それと比べると大御所が多いです。

 

KISS, AEROSMITH, BON JOVI, VAN HALEN, JOURNEY, OZZY OSBOURNE, DEEP PURPLE...

 

毎日聞くのはちょっと辛いかもしれませんが、懐かしい曲も出てくるので老化防止にもなるかと・・・。